のん(能年玲奈)は活躍するか?今後映画や声優にテレビに出れるか?

   

のん(能年玲奈)の活躍が増えてきました。

前の事務所からの独立騒動によって、一時期は芸能活動も出来ないままでいましたが、改名を機に昨年あたりから露出が増えてきました。
目覚しい活躍を遂げており、好感度も上がっています。

改名に至る前後からの経緯と今後の能年玲奈を予想してみたいと思います。

Sponsored Link

プロフィール

生年月日: 1993年7月13日 (23歳)
出身地 : 兵庫県神崎郡神河町
2006年、読者モデルでグランプリを獲得。『逃げるは恥だが役に立つ』の新垣結衣のレプロエンタテインメントに所属。
2010年、映画『告白』で女優デビュー。
2012年、「カルピスウォーター」のCMキャラクターに起用。映画『カラスの親指』で第37回報知映画賞新人賞を受賞。
2013年、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロイン・天野アキ役を演じた。セリフ「じぇじぇじぇ」は新語・流行語大賞の年間大賞を受賞。
2014年、映画『グッモーエビアン!』、初主演の映画『ホットロード』に出演し、多くの映画の新人賞を受賞。
2015年、事務所独立騒動が発生し、休業状態となる。
2016年7月「のん」に改名し芸能活動をリスタート。
その後、朝の連ドラの舞台にもなった岩手県への仕事を皮切りに「のん」としてブログやツィッターやインスタグラムをスタート。
2016年11月公開の劇場アニメ『この世界の片隅に』に声優として成功を収める。一躍、時の人となり、LINEモバイルのCM起用を皮切りにテレビ以外の仕事が続々と舞い込む。

のんに改名してからの成功

前事務所のレプロからの独立騒動により、色々な情報が伝わってきました。
洗脳騒動によって、一時期は芸能界引退かも?と一部メディアでは話題にもなりました。
レプロから迫害を受けたかどうかは、本当の所は情報が錯そうしていました。本名が芸名で使えないという事は聞いた事がなかったのですが…

改名後には、色々なテレビや雑誌などに取材を受けて徐々に芸能活動にも、個人的なアーティスト活動にも幅が広がってきました。

声優として映画が大ヒットによって、数々の賞を受賞。これをきっかけにブレイクする。
「あまちゃん」の舞台にもなった岩手県の岩手銀行には、イメージキャラクターとして入社式にサプライズ出演。

出身地の兵庫県神崎郡神河町では、前事務所の時は伏せられていたが、現在は神河町が町を上げて応援しますとホームページでも宣言。
神河町のPR動画『ハートの町かみかわ』を「全国ふるさと甲子園」で上映するとの事。
https://www.town.kamikawa.hyogo.jp/div/kankou/pdf/kankou-guide/nonmaking.pdf

(神河町より引用)

Sponsored Link

テレビでの芸能活動は増えるの?今後の動向については?

以前より、好感度は高ったので、CMとかイメージキャラクターに起用される可能性は高いです。

実際にお会いした印象が大変好評だそうで、飲まないそうですし、吸わないそうです。
恋愛騒動も聞いた事がないので、スキャンダルといえば洗脳騒動しかないのかも…です。
テレビ出演は、前事務所の影響が多分にあるので、地上波では出演が厳しいかも知れません。
アドリブが効かないのが弱点で、バラエティー番組とかトーク番組では共演者を困らせるかもしれません。

ですが、演技力と好感度で跳ね返らせる事が出来るので、心より応援していきたいと思います!
最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

 

 

 - 芸能人