話題のナスD友寄ディレクターの奥様は森崎友紀だった!反応は?

   

テレビ朝日の番組内でディレクターながら人気沸騰して話題になっている通称ナスD。

 

素顔がカッコ良いのに、あるテレビ番組の秘境ロケで体を張って張って張りまくり変な顔になってしまっています。

 

このナスDの奥様は、あの美人料理研究家。

 

昔から人気番組の裏方として、確固たる地位を確立。

 

今回はナスDの素顔(プロフィール)を調べてみました。

Sponsored Link

ナスDのプロフィール

本名  :友寄隆英
生年月日:1974年生まれ 今年43歳
出身地 :兵庫県

テレビ朝日総合編成局制作1部所属のテレビプロデューサー。

 

19歳よりADをはじめ、フリーとして活動。
2003年にテレビ朝日へ入社(実力が認められ引き抜かれた?)

 

ジャニーズ所属のタレントの番組を多く担当。
「ぷっ」すま
SMAP がんばりますっ!
「毒トマト殺人事件」
Kis-My-Ft2

 

よゐこの無人島0円生活や長寿番組の「いきなり!黄金伝説」も担当
このいきなり!黄金伝説で美人料理研究家の森崎友紀さんと出会い、41歳にめでたく結婚!!!

当時、森崎さんは一般男性として発表していましたが、実はこのナスDだったんです。
全くのノーマークでした。

ナスDと言われるきっかけは?

テレビ朝日の旅番組「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」でゼネラルプロデューサーとして番組制作を統括。
秘境に取材ディレクターとして現地に同行。

 

5月2日放送分では、現地では生で食べないのに川魚を生で食べたり、ウィトという果汁(タトゥーの原料の強力な染料)を「美容に良い」という言葉で全身に塗りたくられまくって全身真っ黒になってしまう。

水に濡れると肌が紫色になり、乾燥するとまた黒色に戻る性質で、しかもなかなか取れない事もあり、現地住民に結局騙されたかたちになる。

 

紫色の肌がナスに同化したことがきっかけで番組内で、ナスディレクター (またはナスD) と呼ばれることになりました。

Sponsored Link

テレビのコンテンツはナスDで安泰!

昨今、テレビの視聴率がなかなか上がらない(取れない)中で高視聴率番組イッテQの裏番組の中で、規格外で破天荒な言動で一気に人気になりました。
兵庫出身という事で、笑いのツボも押さえつつも視聴者が何を求めているかを熟知していると感じます。

 

日本人はまだまだ世界の事を知らない事がたくさんあります。
ナスDはこの番組を通して、旅とは、現地の人々との生活とは、真面目に伝えています。
若者のテレビ離れを食い止める一つになるのではと予想します。
テレビ番組が必要、テレビからの情報が必要、テレビが飽和状態といわれる現在、テレビを通して文字通り一生懸命な姿には心を打たれます。

 

奥様は料理研究家なので、健康管理や肌の色は大丈夫でしょう(笑)!
(私は色白なので、あの紫色はムリですが…)

美人な奥さんとお子様がいらっしゃるようなので、くれぐれもご自愛下さい!

 

最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

 - 芸能人