【オートレース森且行20170919】特別GⅠプレミアムカップ グレードレース7

   

二次予選7Rとしての出走となりました。
グレードレース7とは、重賞競走開催の7Rはグレードレース7として、2連単の払戻率が80%という事です。

初日を快勝でポイントがあるとはいえ、ここでの着順では準決勝戦には行けない事になりますので、放送では3着以内に入れば…と言っていましたが、結果はいかに…

ここは各選手の勝負の1日となります。

Sponsored Link

【グレーとレース7 7R】

出走選手 紹介

①林弘明  (山陽) A-47 ハンデ0
②森且行  (川口) A-16 ハンデ0
③平田雅崇 (川口) A-12 ハンデ0
④穴見和正 (山陽) A-4  ハンデ0
⑤前田淳  (山陽) S-30 ハンデ0
⑥吉原恭佑 (伊勢崎)S-29 ハンデ0
⑦山田達也 (川口) S-23 ハンデ0
⑧新井恵匠 (伊勢崎)S-10 ハンデ0

試走タイム

①3.38
②3.33 森且行選手
③3.36
④3.38
⑤3.33
⑥3.32
⑦3.36
⑧3.37

【レース内容】

昼下がりのレース、良走路で走路温度が46℃となっており、タイヤの消耗に耐えれるところもポイントとなるのでしょうか。
戦前の予想では、連勝中の⑥吉原選手に人気が集まると思いきや、⑤前田選手中心から⑥吉原選手、②森選手へと試走タイムが優秀な選手に人気が集まりました。

②森選手は好スタートを切ったものの1コーナーの入りでは④穴見選手の速攻と⑤前田選手も伸び良く、3番手から追走の形となりました。
その後4番手になり、そのまま周回を重ねることラスト1周となり、最後の最後まで食い下がっていましたが、最終コーナーで少し膨らんだ所を⑦山田選手が強襲し、交わされ5着でゴールイン。

 
1周回④-⑥-⑤-⑧-②-③-⑦-①
2周回④-⑤-⑥-②-③-⑧-⑦-①
3周回④-⑤-⑥-②-⑧-③-⑦-①
4周回④-⑤-⑥-②-⑦-⑧-③-①
5周回⑤-④-⑥-②-⑦-⑧-③-①
6周回⑤-⑥-④-②-⑦-⑧-③-①

Sponsored Link

【レース結果】

選手名  競走タイム スタート

1着⑤前田淳   3.445  0.14
2着⑥吉原恭佑  3.445  0.13
3着④穴見和正  3.452 0.07
4着⑦山田達也  3.455  0.10
5着②森且行   3.455  0.09
6着⑧新井恵匠  3.461  0.12
7着③平田雅崇  3.465  0.11
8着①林弘明   3.468  0.16

 
最後の最後で強襲されて5着となったのですが、ラスト1周からの走りは、攻めに攻めた結果なので仕方なかったと思います。

オートレース公式サイトからの得点表を見たのですが、3日間が終わり、獲得ポイントの順位表が発表となりました。
森選手の順位が36位でした。

残念ながら(上位32位までによる)準決勝戦には進めませんでした。

3日目がもしも4着のままであっても、同じ得点であってもランクの上位から決定なのでギリギリ33位でありました。

こういう大レースの開催では、予選競走において、いかにポイントを拾えるかがポイントとなるのを痛感しました。
組み合わせ方法は事前に披露されていますので、実力も運も両方兼ね備える事も大切です。

 
最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

 

 - オートレース