【オートレース森且行20171017】平成29年度川口市営第8回第2節 優勝戦 12R

   

初日は僅差の2着でしたが、その後は連勝で堂々の優出となりました。
得意の雨・湿走路での勝ち上がり、ある意味では完全優勝(オール1着)を目指すと言ってもいいぐらいです。

懸念されていた雨は午後1時ぐらいには降らないところまで回復し、走路状態も斑まで回復しましたのでタイヤセッティングもかなり変わる中での優勝戦。

今節の戦績では強豪揃いの中でも好成績を収めています。
準決勝戦の4レースの中でも森選手の競走タイムが1番となっていましたので期待大です!!!

Sponsored Link

【優勝戦 12R】

出走選手 紹介

①金子和裕 (川口) A-159 ハンデ0
②篠崎実  (川口) A-118 ハンデ10
③山際真介 (川口) A-53  ハンデ10
④五十嵐一夫(川口) A-8  ハンデ20
⑤森且行  (川口) S-43  ハンデ20
⑥斎藤撤二 (川口) S-31  ハンデ20
⑦中村雅人 (川口) S-6  ハンデ20
⑧永井大介 (川口) S-2  ハンデ20

試走タイム

①3.46再
②3.46
③3.44
④3.43
⑤3.45 森且行選手
⑥3.47
⑦3.47
⑧3.45

【レース内容】

地元一般開催の優勝戦メンバーはオール川口勢。

⑥斎藤選手は完全優勝を狙っていますし、強烈な追い込みの⑦中村選手。

⑤森選手はどれぐらい食い下がって食らいつけるか、がポイントであります。

その中でも3連続優勝中の⑧永井選手の絶対的強さは誰もが認めるところです。
断然1番人気に押されています。
レースは、最年長優勝を狙う②篠崎選手が好スタートを切って始まる1周目…
⑥森選手は出足がつかずに最後方から追いかける1周目…

ハンデ20線からは④五十嵐選手がジワリジワリと上昇していきます。
川口の絶対王者⑧永井選手はなかなか流れとスピードに乗れないまま6番手からの追走になります。

3周目に入っても②篠崎選手が快調に逃げ込みを図る中、そのまま周回を重ねる中、④五十嵐選手との一騎打ちムードとなります。

ラスト1周となり、バックストレート④五十嵐選手の外からの捲りが炸裂し先頭、そのまま1着でゴールイン。

⑤森選手は見せ場がないまま…しんがり負けとなりました。
1周回②-①-③-④-⑥-⑦-⑧-⑤
2周回②-③-①-④-⑥-⑧-⑦-⑤
3周回②-③-④-⑥-①-⑧-⑦-⑤
4周回②-③-④-⑥-⑧-①-⑦-⑤
5周回②-④-③-⑥-⑧-⑦-⑤-①
6周回②-④-③-⑥-⑧-⑦-①-⑤

Sponsored Link

【レース結果】

選手名  競走タイム スタート

1着④五十嵐一夫 3.484  0.04
2着②篠崎実   3.498  0.07
3着③山際真介  3.508 0.03
4着⑥斎藤撤二  3.500  0.09
5着⑧永井大介  3.516  0.11
6着⑦中村雅人  3.522  0.12
7着①金子和裕  3.568  0.29
8着⑤森且行   3.548  0.08

 
結果的には、色々な意味が含まれるレースでした。
レースが負けた、優勝出来なかったという悔しさもあったのですが、絶対王者や実力者が攻めあぐねていたレースだっただけにランク的にも優勝出来ていたのでは???とも思ってしまいました。

選手1人1人は、命を懸けて勝利の為に勝負を掛けているので、面白いレースをする事、見る事がオートレースを盛り上げるものと思います。

優勝は④五十嵐選手です!

3年ぶりの優勝、おめでとうございます!

森選手、優出が続いていますので、実力はトップクラスです。
最大目標の日本選手権に向けてさらに状態を高めていきたいです!
私たちファンもテンションを上げていきます!

次回のレースは、10月27日(金)からで地元川口一般開催です。
3日間開催なのですが、がんばりましょう
最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

 

 - オートレース