【オートレース森且行20171104】第49回SG日本選手権 準決勝戦 9R

   

日本中に衝撃を与えた森且行のスマップ脱退から21年半。
大人の事情で…森且行とメンバーとの共演が見れないと思っていましたが、とうとう巡ってきました。

インターネット番組のAbemaTV「72時間ホンネテレビ」で3人がこの浜松オートレース場に応援に来ました。

この衝撃度はハンパなく、日本中が浜松に注目をすることになりました。

その中でのSG日本選手権準決勝。みんなの期待を背負って、NAKAMAの前でも雄姿を!!!

Sponsored Link

【準決勝戦 9R】

出走選手 紹介

①人見剛志 (山陽) S-7  ハンデ0
②有吉辰也 (飯塚) A-33  ハンデ0
③森且行  (川口) S-43  ハンデ0
④岩﨑亮一 (山陽) S-25  ハンデ0
⑤篠原睦  (飯塚) S-15  ハンデ0
⑥青山周平 (伊勢崎)S-11  ハンデ0
⑦木村武之 (伊勢崎)S-10  ハンデ0
⑧松山茂靖 (浜松) A-18  ハンデ0

試走タイム

①3.30
②3.33
③3.31 森且行選手
④3.33
⑤3.32
⑥3.30
⑦3.28
⑧3.31

【レース内容】

SG戦の準決勝戦は距離が4100Mなので、スピードもさることながらマシンやタイヤの耐久力も試される一戦です。
同期対決、今節で既に対戦した選手との再戦、実力者とのレース、どれを取っても難関です。

日刊スポーツの記事によりますと『森且行が2年ぶり4回目のSG優出へ勝負駆け』
「練習は2回ともフライングだったけど、うまく切れた。タイヤは良かったけど8周戦では低い。滑らないのに(伊藤)信夫さんに差を詰められた」
とのコメントで同じ番号のタイヤを当て、リング交換とヘッド周りの調整で合わせる。との事でした。

試走1番時計の⑦木村選手から⑥青山選手へと折り返しの組み合わせが中心に人気が集まっております。
揃ったスタートからは、②有吉選手、④岩﨑選手、⑤篠原選手と続き、③森選手は4番手で1コーナーを回ります。
その後のバックストレートで⑥青山選手、⑦木村選手が番手を上げていき、③森選手は7番手で2周目へ。

その後8番手になってしまい、懸命に追走をしていきます。

実況でも「みんなの期待を背負った森且行、8番手追走です」とありました。
レースは地元浜松の⑦木村が先頭で②有吉選手の2車が抜け出して、大きくリードでゴールイン。
③森選手は8番手でゴールインとなりました(泣)
1周回⑥-②-⑤-④-⑦-⑧-③-①
2周回②-⑤-④-⑦-⑥-①-③-⑧
3周回②-⑦-⑤-④-⑥-①-⑧-③
4周回②-⑦-⑤-④-①-⑥-⑧-③
5周回⑦-②-⑤-④-⑥-①-⑧-③
6周回⑦-②-⑤-④-①-⑥-⑧-③
7周回⑦-②-⑤-①-④-⑥-⑧-③
8周回⑦-②-⑤-①-④-⑧-⑥-③

Sponsored Link

【レース結果】

選手名  競走タイム スタート

1着⑦木村武之  3.373  0.03
2着②有吉辰也  3.383  0.05
3着⑤篠原睦   3.405 0.08
4着①人見剛志  3.407  0.08
5着④岩﨑亮一  3.407  0.02
6着⑧松山茂晴  3.410  0.14
7着⑥青山周平  3.410  0.08
8着③森且行   3.412  0.05
森且行選手、本日のレースお疲れ様でした。
結果は8着でした。

悔しいです。
ご本人が一番悔しいと…

戦前ではタイヤもマシンもコース相性も好感触の情報だっただけに悔しさがハンパないのですが…
ですが勝負の世界、これが現実。
明日もレースが続きます。

明日の最終日もみんなの期待を背負っていますので、精いっぱい応援します!

この日はパリピア(稲垣さん草彅さん香取さん)の3人が浜松オートレース場に来場して、「AbemaTVで72時間ホンネテレビ」で森さんとの再会を放映しています。
パリピア情報などは「新しい地図」のカテゴリを新たに作りまして、私の思うがままをまたお伝えしたいと考えております。
最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

 - オートレース